【新著】55歳から小ビジネスで稼ぐ! 教科書

夕刊フジ・定年起業への挑戦コラム

2018年10月18日

【定年起業への挑戦 実践編】起業するための現実的な「2つの方法」

75歳を過ぎて敢然と起業に挑戦する人がいる。外食チェーンすかいらーくの創業者で元社長の横川竟(よこかわ・きわむ)さん(80)だ。


 横川さんの人生は起業への挑戦の連続だった。2008年にすかいらーくの代表取締役を退任した後の13年、75歳の時に高倉町(たかくらまち)珈琲第1号店を東京・八王子に出店。現在、フランチャイズ店を含めて全国に20店舗展開している。


 その横川さんに「定年起業」について聞くと、「みなさん、簡単に起業と言いますが、大変なことです。それは現実として知ってください」と前置きしたうえで次のように語ってくれた。


 「でも、どうしてぼくがこの年齢になっても会社をつくるのかというと、仕事をしている時こそ生きているって感じがするからなんです。仕事をするということは仲間を作るということじゃないですか。ぼくは仲間と一緒に目標に向かって進むのが好きなんですよ」 多くのサラリーマンも同じ経験をしているような気がするが。


 「サラリーマンは人に使われることには慣れていますが、仲間と一緒に何か新しい価値を作るということには慣れていません。そういう人たちがいきなり起業しても難しい」そこで、起業には以下の2つの方法が現実的だと続ける。


 「1つは仲間の起業に参画することです。誰でも起業できるわけじゃない。起業する人を見つけてそこに参画するというのが現実的でしょう。自分の経験や技術を生かしてもらい、成功に向けて一緒に頑張ること。もう1つは起業にこだわらず、何かの形で社会貢献、ボランティアに参加すること。仕事をしないと、ただの老人になっちゃいますよ」


 次回は定年までの過ごし方についてのアドバイスをいただく。(取材・構成 藤木俊明)

お支払対応可能カード

お支払対応可能カード VISA/MasterCard/JCB/AMEX/DINERSPayPay(ペイペイ)使えます。

現在の登録会員数

1 5 8 0 0

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所
輝創塾
《無料》千葉 クラウドファンディング活用セミナー開催!

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市