【新著】55歳から小ビジネスで稼ぐ! 教科書

夕刊フジ・定年起業への挑戦コラム

2018年11月09日

【定年起業への挑戦 実践編】会社での業務経験生かせる「プロボノ活動」

現在、「プロボノ」(社会経験を生かしたボランティア従事者)という言葉が注目されている。しかしそれが何か定年後につながることなのか、興味はあるがよくわからないというサロン参加者の声に応え、第7回夕刊フジ定年起業応援サロンでは、会社勤めをしながら、精力的にプロボノ活動を行っている山崎和夫さん(仮名)をゲストにお招きし、お話を伺った。

 山崎さんは現在50代半ば、会社の中心的存在であるが、そろそろ定年後の過ごし方も視野に入ってくる世代といえよう。

 「プロボノが求められる背景として、現在の社会課題は多岐にわたっており、行政の力だけですべて解決するのは困難という実情があります」(山崎さん)。課題解決の一助を担うべく、各地でNPO団体がさまざま活動を展開している。しかし、NPOには人的資産や業務を遂行するスキルが不足していることが多く、活動に支障をきたす場合もある。

 「NPOを支援するための組織(サービスグラント)というものがあり、自分はそこに所属して活動しています」(山崎さん)

 プロボノは、自らの業務経験や知見を生かして、NPOの支援を行う。その支援にもいろいろなものがあり、ホームページやパンフレットの作成や、NPO自体の課題整理、業務効率化のアドバイスを行うこともあるという。サービスグラントは個々のNPOからの要請を受けて支援を実施するかどうか判断する。山崎さんのようなプロボノがNPOに派遣され、支援の可・不可の判断を行う。支援内容によって最適なメンバーを集めプロジェクトチームをつくる。  「会社の仕事とあまり変わりませんね」と山崎さんは笑う。プロボノには報酬はなく交通費など実費だけだ。

 「しかし、プロボノ活動には大きな意義があります」

 次回はそこを伺う。(取材・構成 藤木俊明)

お支払対応可能カード

お支払対応可能カード VISA/MasterCard/JCB/AMEX/DINERSPayPay(ペイペイ)使えます。

現在の登録会員数

1 5 8 0 0

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所
輝創塾
《無料》千葉 クラウドファンディング活用セミナー開催!

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市