【新著】55歳から小ビジネスで稼ぐ! 教科書
キャッシュレスポイント還元制度

夕刊フジ・定年起業への挑戦コラム

2020年01月16日

【定年起業への挑戦 実践編】定年後は“隠れ家”で若手画家を支援

 東京・銀座に奥野ビルというレトロな建物がある。その一角に隠れ家として小さな書斎を構えるのが山本冬彦さん(71)だ。山本さんは会社員時代から週末の画廊めぐりを楽しみ、若い画家を応援したいと手頃な価格の絵を買い求め続けた。


 山本さんは定年後に備えて奥野ビルの一室を借り受け、隠れ家のようなコレクションルームにした。もともと事務所ばかりの古いビルだったらしいが、山本さんが誘った形で画廊が徐々に集まり、今では画廊ビルとして知る人ぞ知る名所となっている。


 サラリーマンコレクターとして有名になった山本さんは「週末はギャラリーめぐり」(ちくま新書)を出す。著書を出してから、山本さんには企画展の相談が数多く持ち込まれるようになる。2011年、定年で組織を離れた山本さんは、予定通りこの隠れ家をベースに精力的に活動を開始、年10回程度の企画展をコーディネイトしているという。


 「企画料はいただきますが、それは展示の若い画家の絵を買うのでほとんど持ち出しですが」(山本さん)


 収益のためではなく、あくまで若い画家たちのサポートだ。山本さんは日本のアート業界に強い問題意識があり、若い画家が食べていけないシステムに警鐘を鳴らす。


 「投機のためのアートではなく、普通のサラリーマンが気軽に買い求め、画家に適正な画料が支払われるようになるべきです」それはサラリーマンとしてギャラリーめぐりをしてきた頃からの変わらぬ思いだ。


 この隠れ家は、家族にはずっと内緒だったと山本さんは話す。しかし、息子さんが会社を辞めて独立するとき、法人登記の場所として提供する。息子さんはびっくりしたそうだが、そこから、奥さんだけが知らない父との秘密の場所になった。「幸い息子の仕事は順調で、この家賃は折半にしてくれることになり、楽になりました」と笑った。(取材・構成 藤木俊明)

お支払対応可能カード

お支払対応可能カード VISA/MasterCard/JCB/AMEX/DINERSPayPay(ペイペイ)使えます。

現在の登録会員数

1 4 0 0 0

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

東京都クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所
輝創塾
《無料》千葉 クラウドファンディング活用セミナー開催!

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市