横浜起業内覧相談会
横浜起業内覧相談会

夕刊フジ・定年起業への挑戦コラム

2018年12月13日

【定年起業への挑戦 実践編】準備期間の「居場所」を持ちたい

定年起業を検討中の方にお話を聞くとき、「居場所づくり」というキーワードがよく出てくる。定年退職すると家に居場所がなくなるという切実な問題がある。

 ただ、「定年になったら即起業しよう」と決意している人は多くはない。不安や迷いがある。起業について情報収集し、分析したり、思い悩んだりする「居場所」が欲しくなるのが普通だ。事業計画の策定などもしたいので、じっくり考え、書類を書いたりすることのできる場所が欲しいが、会社はむろん家や喫茶店ではやりづらいという声も多い。

 今、レンタルオフィスやコワーキングスペースなどが各地にできている。会社勤めの時には縁のない場所かもしれないが、ひょっとして、そんな人の「居場所」かもしれない。「レンタルオフィス」とは、月ぎめの経費を支払って、共用のデスクを自由に使うことができるもの。一人でじっくり考え事をしたり計画を練ったりするのに向いているだろう。

 電源やネット、複合機、会議室なども完備しており、契約したらすぐデスクが使える。多くは会員証などで出入りが管理される。東京では月額1万~2万円程度の施設が多く、個室を準備している施設もある。

 「コワーキングスペース」も、やはり月ぎめや単発利用料金で共用デスクを自由に使え、レンタルオフィスとよく似た仕組みで、明確に区分される定義はないが、利用者同士のコミュニティーづくりに力点がおかれ、若者が利用しやすい印象が強い。料金的には同じぐらいだが単発利用ができることも多い。

これらの施設は民営のもの、民営だが行政の指定を受け起業支援コースに組み込まれているもの、行政主体で運営するものなどさまざまだ。定年前あるいは定年後の起業準備期間の「居場所」として検討したらどうだろう。(取材・構成 藤木俊明)

現在の登録会員数

1 4 0 0 0

セミナー・交流会カレンダー

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

東京都クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所
輝創塾

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市