銀座起業内覧相談会
キャッシュレスポイント還元制度

夕刊フジ・定年起業への挑戦コラム

2019年09月05日

【定年起業への挑戦 実践編】再雇用・再就職で年収がダウンする現実

 老後に対する不安は消えない。今現在、定年を迎えた人たちはどうしているのか? 株式会社エアトリが「定年後の再雇用」に関する調査を行い(対象は全国)、この7月に集計結果を発表した。それによると定年を迎えた人に、『定年を迎えてから再度働いていますか?(働きましたか?)』と聞いたところ「働いている(働いた)」と答えた人が64・6%。定年を迎えても何らかの仕事に就いている人が多数派といえる。


 さらに定年後に再就職した人に『定年後はどこで再度働いていますか?(働きましたか?)』と聞くと「同じ会社」と答えた人が41・2%。これはいったん60歳で定年退職し、契約を結び直す再雇用のパターンだろう。


 しかし「違う会社」と答える人も36・0%いる。違う場を選択して働き続ける人も意外に多い。


 同じく定年後に再就職した人に『定年後に再就職した理由は何ですか?』と聞くと、「会社や知り合いから勧誘があった」(40・1%)がトップで、次いで「社会との接点を持ちたかった」(39・8%)が僅差で続く(どちらも複数回答)。


 これらから推測すると、定年を迎え同じ職場での再雇用を選ぶ人が多く、さらに人脈を通じて何らかの誘いを受け、別の会社に再就職する道を選ぶ人が続くというところだろう。


 しかし、再雇用・再就職どちらの道を選んでも、ごく一部の例外を除いて年収ダウンは免れないようだ。同調査によると、定年前の最終年収では「900万円以上」(34・3%)で一番多い層だが、定年(再就職)後の一番多い層は「300万円以上400万円未満」(22・2%)と一気にダウンする。世知辛い現実だ。(取材 構成 藤木俊明)

お支払対応可能カード

お支払対応可能カード VISA/MasterCard/JCB/AMEX/DINERSPayPay(ペイペイ)使えます。

現在の登録会員数

1 4 0 0 0

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

《無料》千葉 クラウドファンディング活用セミナー開催!
東京都クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所
輝創塾

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市