【創業者必見!日本政策金融公庫・特別講師】融資や公的支援の勉強会
キャッシュレスポイント還元制度

夕刊フジ・定年起業への挑戦コラム

2020年02月13日

【定年起業への挑戦 実践編】買い物難民を救う「移動販売」でシニア起業

 社会問題化している「買い物難民」だが、今のところ有効な手立ては見つかっていない。そんな中、「とくし丸」という移動スーパーのサービスが伸びている。株式会社とくし丸と契約した地域のスーパーが、地元の個人事業主と提携し、軽トラックにその商品を積んで地域のすみずみまで代行販売するものだ。買い物難民を救う一つの解として注目を浴びている。この仕組みを作り上げた株式会社とくし丸の代表取締役住友達也さん(62)に話を聞いた。住友さんは以前、徳島県でタウン誌の事業を立ち上げ、成長させた後に事業を売却した。そして2012年、54歳の時に新たにとくし丸の事業をスタートさせた。母親が買い物難民化したことがきっかけになったと言う。


 「最初はどこのスーパーも話を聞いてくれませんでしたね。私の給与は3年間ゼロでした」(住友さん)


 しかし、住友さんは必ずこの事業はうまくいくと信じていた。


 「だってこれは社会から求められている事業ですよ。自分が最初に起業した時期にはタウン誌が成長していましたが、今はこれこそが成長市場だといえます」


 住友さんによると、とくし丸に参加したオーナーの所得は平均で年500万円程度とのことだ。現在、定年前後の会社員やコンビニオーナーなどから問い合わせが多いと言う。この3月には全国に500台のとくし丸の軽トラックが走る見込みだ。


 「70歳で加入した方もいます。今現在も週3、4日のペースで元気で働いています」


 体力に問題がなければシニア世代でもできる事業で、地域の人に喜ばれそうだ。説明会は随時開催しているそうで、とくし丸ホームページ(https://www.tokushimaru.jp/)で確認したい。(取材・構成 藤木俊明)

お支払対応可能カード

お支払対応可能カード VISA/MasterCard/JCB/AMEX/DINERSPayPay(ペイペイ)使えます。

現在の登録会員数

1 4 0 0 0

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

東京都クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所
輝創塾
《無料》千葉 クラウドファンディング活用セミナー開催!

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市