夕刊フジ・定年起業への挑戦コラム

2019年01月17日

【定年起業への挑戦 実践編】起業情報を「公的サイト」で収集する

新しい年を迎え、本腰を入れて定年後の仕事について考えようという読者も多いだろう。起業を選択肢に入れている人もいるだろうが、夕刊フジ定年起業応援サロンでよく聞くのは「まだはっきり起業するかどうするかイメージができていないという段階だが情報収集だけはしたい」という声だ。自治体や金融機関、地域の起業支援団体などに起業、創業の相談窓口がある。しかし、明確に起業イメージが固まっていない段階では、そういう場所で相談するのは敷居が高いということである。
 ウェブサイトで情報収集するのが手軽だが、あまりに情報が多過ぎて何を見ればいいのか迷うし、怪しげな情報はつかみたくない。
 そうすると、公的機関の運営するウェブサイトがいいだろう。たとえば独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営するJ‐Net21(http://j-net21.smrj.go.jp/)は、本来中小企業のビジネス支援が目的だが、「起業をする」コーナーでの起業、創業についての情報が充実しており、わかりやすい。とくに「起業マニュアル」と「業種別開業ガイド」は、まだ起業イメージが固まっていない人にも読みやすくオススメだ。
「起業マニュアル」では、自分が本当に起業すべきか? という段階から、起業支援サービスの利用まで丁寧にガイドしてくれる。「業種別開業ガイド」では、業種別に具体的な開業の仕方が説明されている。たとえば「陶芸教室を開くにはどうすればいいのか?」という事例では、開業までのステップや必要な手続き、開業資金のリアルな見込み額や売上計画の具体例、損益予想などが事細かに紹介されている。200以上の職種・業種が紹介されていて、その中には自分のイメージに近いものがあるだろう。まずはこのようなウェブサイトで情報収集をはかりたい。(取材・構成 藤木俊明)

現在の登録会員数

1 3 0 0 0

セミナー・交流会カレンダー

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

東京都クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所
輝創塾

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市