【新著】55歳から小ビジネスで稼ぐ! 教科書

夕刊フジ・定年起業への挑戦コラム

2016年11月28日

【定年起業への挑戦】小規模事業者持続化補助金を活用しよう

 今年も「小規模事業者持続化補助金」の公募が始まりました。起業して何もしないで成功するということはあり得ません。チラシやパンフレット、そして今や、ホームページが必須です。

 それらにかかる費用について、50万円を上限として補助してくれるのがこの「小規模事業者持続化補助金」です。幅広く利用できる補助金なので、起業されたばかりの人には検討の価値があるものです。

 まず【一般型】とよばれるものは、対象者が全国の小規模事業者。補助率が補助対象経費の3分の2以内となります。補助の上限額は50万円までです。小規模事業者とは、会社もしくは個人事業主が対象で、定年起業する方の企業サイズに近いと思います。

 この上限額は、賃上げ、雇用対策、海外展開、買い物弱者対策などの目的の場合は変更されますので、中小企業庁や商工会議所、商工会や起業支援の窓口に問い合わせてみてください。

 また今年は天災の多い年でもありました。熊本地震の被害を受けた小規模事業者には【熊本地震対策型】、また、台風の被害を受けた北海道空知郡南富良野町並びに岩手県宮古市、久慈市及び下閉伊郡岩泉町に所在する事業者には【台風激甚災害対策型】が選択でき、それぞれ補助額の上限がアップしています。

 もちろん申請したら必ず受けられる助成金ではありません。商工会議所や商工会などに相談し、真摯(しんし)にアドバイスを聞きましょう。融資と違い補助金は返還が不要です。自社の宣伝や販促に必要な費用の補助を受け、事業の成長に活用しましょう。(取材・構成:藤木俊明)

お支払対応可能カード

お支払対応可能カード VISA/MasterCard/JCB/AMEX/DINERSPayPay(ペイペイ)使えます。

現在の登録会員数

1 5 8 0 0

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所
輝創塾
《無料》千葉 クラウドファンディング活用セミナー開催!

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市