キャッシュレスポイント還元制度

産経新聞・片桐実央の起業相談コラム

2015年02月10日

【ゆる起業のススメ】(50)ランディングページを作ろう

 売り上げを継続的に上げ、事業を安定させるためには集客が重要です。今回はインターネット上で売り上げを得る場合に大切な「ランディングページ」について説明します。ランディングページとは「Google(グーグル)」「Yahoo!(ヤフー)」などの検索サイトで検索した結果や、インターネット広告をクリックすると、最初に表示されるページをいいます。

 商品・サービスが複数ある場合は、それぞれのランディングページ(ホームページ)を作成することをお勧めします。なぜなら商品を検索したとき、キーワードに合った商品やサービスが表示されると、見込み客が目当ての商品やサービスにたどりつきやすくなるからです。

 商品・サービスごとにホームページが分かれていない場合、あるサービスを検索して自社のホームページを訪れた人は、欲しい商品・サービスを簡単に見つけることができず、あきらめて他社のホームページに移ってしまう恐れがあります。実際の店舗に例えると、入り口までは来たものの、陳列が整理されておらず、商品が見つけられそうにないため他の店に行ってしまう、という状況です。

 例えば当社は、(1)レンタルオフィス事業(2)セミナー交流会事業(3)起業相談・事務サポート-の3つのサービスを行っていますが、それぞれのサービスに対応した3つのホームページがあります。(1)レンタルオフィスの「アントレサロン」(2)セミナー・交流会の「アントレセミナー交流会」(3)会社としての「銀座セカンドライフ」です。「アントレサロン」と「アントレセミナー交流会」のページはそれぞれの事業に特化した内容としています。「銀座セカンドライフ」のホームページは、会社概要と3つの事業の説明で構成されています。

 検索キーワードとして「銀座 レンタルオフィス」と入力すると、当社のレンタルオフィスのホームページが、「起業家交流会」と入力すると当社の交流会のホームページが、それぞれの検索結果のトップに表示されます。会社概要がある「銀座セカンドライフ」のホームページだけならば、おそらく検索結果に表示はされても、レンタルオフィス運営や交流会を行っている会社とは理解されにくいでしょう。

 このように、自社の商品・サービスごとに分けてランディングページを用意すると、キーワードごとに検索されやすくなり、ホームページへの訪問者が増え、集客につなげやすくなるのです。

 ランディングページは、顧客(ユーザー)が求める情報がなければすぐに離脱されてしまう可能性が高まりますので、顧客の性質に合ったデザイン、文章を駆使しながら作成しましょう。全事業を掲載するホームページを作成するとページ数が増えて、費用と労力がかかります。売り上げに結びつきやすい商品・サービスに絞り、専用ページを作成する場合は、費用や労力が抑えられますので起業時にお勧めです。

お支払対応可能カード

お支払対応可能カード VISA/MasterCard/JCB/AMEX/DINERSPayPay(ペイペイ)使えます。

現在の登録会員数

1 4 0 0 0

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

《無料》千葉 クラウドファンディング活用セミナー開催!
東京都クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所
輝創塾

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市