アントレセミナー交流会

法人設立半額キャンペーン
ご紹介キャンペーン

産経新聞・片桐実央の起業相談

【ゆる起業のススメ】(44)メールアドレスを準備しよう

 今回は起業準備のために、会社の独自のメールアドレスを取得するお話をしたいと思います。私は起業した方と名刺交換をする機会が多いのですが、その際に名刺を拝見するとヤフーなどのインターネット検索サイトで無料で提供されているメールアドレス(フリーメール)を利用している方が多くいらっしゃいます。

 しかし、起業する場合には、少しお金がかかりますが、独自のメールアドレスを取得することをお勧めします。例えば「銀座セカンドライフ株式会社」という名前の会社なら「info@ginzasecondlife.co.jp」、サービス名が「アントレサロン」とすると「info@entre-salon.com」というように、@(アットマーク)以降を独自のものにするということです。

 これを「独自ドメイン」の取得といいます。ドメインとは、インターネット上の住所のようなものです。

 それでは、なぜフリーメールがあるのに、有料の独自ドメインを取得するのか、次の3点のメリットがあるからです。

 (1)認知度アップ 社名、商品、サービス名などをドメインに利用することにより、それぞれの名前が相手先の記憶に残りやすくなります。認知度が高くなり、宣伝効果も期待できます。

 (2)継続性 無料のメールアドレスは、提供側の事情でサービス内容の変更や中止の可能性があります。ビジネス上、とても大切なメールアドレスを後から変更せざるを得ない状況になるかもしれません。また、メールの受け手側のセキュリティー基準によっては、フリーメールを受信しない場合もあります。

 (3)信頼性 独自ドメインの取得には、ドメイン管理会社に支払う1000円弱の登録費用や年間1000円前後の維持管理費用がかかります。「.com」のように国や地域、法人登記の有無などの制限のないドメインもあります。一方、日本に住所がない限り利用できない「.jp」、法人登記をしない限り利用できない「co.jp」などもあり、地域や法人格といった属性情報をアドレスに含めることで信頼性が高まります。

 では次に、独自ドメインを取得する方法をご説明します。

 インターネットで「ドメイン取得」と検索するとさまざまなドメイン管理会社の取次業者のサイトが出てきます。その中から1つのサイトを選んで、そのサイト上で取得したいドメインを検索すると、そのドメインが既に使用されているか否かを調べることができます。既にドメインを取得しているものは、新たに取得できません。

 仮に取次業者が倒産するなどしても、一度ドメインを取得すると、管理会社が保護しているので、他の業者に変更でき、その後も同じドメインを使い続けることができます。「.jp」関連のドメインは、「日本レジストリサービス(JPRS)」(東京都千代田区)という管理会社が一元管理しています。

現在の登録会員数

         

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市