【新著】55歳から小ビジネスで稼ぐ! 教科書
キャッシュレスポイント還元制度

夕刊フジ・定年起業 私の事業計画書コラム

2016年05月27日

【定年起業 私の事業計画書】シニアビジネスのプロ(前編)

海外との架け橋をつくりたい

 

 三縄浩司氏(58)=写真=は、20数年福祉の世界のビジネスに関わってきた。会社員として役員まで上り詰めた後起業し、福祉用具の販売やレンタル、手すりや段差解消のためのリフォーム事業などを手がけ、一定の成功を収めた後、上場会社に事業売却した。近年は、その会社の顧問をつとめたり、シニア関連事業を行うさまざまな会社のアドバイザーとして関わったりしてきた。
事業を売却したのは、承継してくれる人間がいなくて、大手に渡した方がいいと考えたからだという。三縄氏は、いったん背中から大きな荷物を下ろし、やりたかった事業の準備をしている。三縄氏にその事業計画を語ってもらう。

 


 会社を経営していた頃は朝5時起きで終電ギリギリに帰るという日々でした。今後は、そんなにガリガリやるのではなく、好きなことを中心にゆっくりやってみたい。とくに私は海外旅行が好きなので、「シニア向けのロングステイ」についての事業を準備しています。今後、海外でのロングステイは大きな市場になると思いますし、国内でも「住み替え」というニーズが高まります。私は宅建の資格も持っており、シニア向けの「住まい」に関する仕事もやっていきたい。主にBtoC分野ですね。
また、長年福祉用具の仕事をしてきた人脈があることで、海外のメーカーから、電動車いすなどの販路開拓の相談を受けています。そういったBtoBの「アドバイザー業務」も増やしていきたいですね。さらに、福祉関連の出版や、外国人介護人材の受け入れサポート等のビジネスにも関わっています。
大きく分けて、BtoCの「ロングステイ」「シニアの住み替え」事業で30%の売上。BtoBのハードウェア販路開拓、仕入れ先開拓、その他では70%の売上を作って合計年商1億円を目標においています。


 BtoBのアドバイザーとしての顧問料は低くして、成功報酬で受け取ることにしていると三縄氏は言う。後編は三縄氏の求める提携先を聞くことにする。(藤木俊明)


__________________

企画協力・銀座セカンドライフ

「定年起業」を支援する会社。主催する起業セミナーや交流会は年間100回を超え、起業相談は毎月150件で延べ7000件を超える。銀座・八重洲・新宿・池袋・横浜などにレンタルオフィス「アントレサロン」を計8店舗運営中。問い合わせはフリーダイヤル0120・08・4105

お支払対応可能カード

お支払対応可能カード VISA/MasterCard/JCB/AMEX/DINERSPayPay(ペイペイ)使えます。

現在の登録会員数

1 4 0 0 0

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

東京都クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所
輝創塾
《無料》千葉 クラウドファンディング活用セミナー開催!

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市