アントレセミナー交流会

ご紹介キャンペーン
月額料金1か月分無料キャンペーン

産経新聞・片桐実央の起業相談

【片桐実央のゆる起業のススメ】クラウドファンディングで資金調達

 絵を描くことが得意な女性(58)が、絵本を作って販売したいと考えました。1000冊制作するとして、費用が約100万円かかると分かりましたが、50万円ほど資金が足りません。今回はこんなケースで活用できる「クラウドファンディング」による資金調達についてお話しします。

 クラウドファンディング(Crowdfunding)とは、「Crowd(群衆)」と「funding(調達)」を合わせた造語。ある目的のために、インターネットを通じて目的に賛同した不特定多数の人から資金を募ることを指します。

 この女性の場合は、まずインターネットでクラウドファンディングのサービスを提供している会社の中から1社を選び、そのサイト内でプロジェクトを立ち上げました。目標金額は50万円、募集期間は30日間に設定。サイトには、(1)絵本を作りたいと思った理由(2)絵本を通じて子供たちに何を伝えたいか(3)資金の使用目的(印刷代)(4)資金調達成功から販売までの期間-を記載しました。

 そしてもう一つ、調達を成功させるカギとなるのが(5)資金を提供してくれた人へのリターン。つまり、見返りは何か、を明示することです。プロジェクトへの賛同だけでなく、見返りを目当てに出資する人が多いのです。女性は1口500円から10万円まで、支援金額に幅をもたせ、金額に応じた特典を用意。完成した絵本の提供や、絵本に出資者の名前を載せる特典などを考えました。

 プロジェクト公開後、目標金額を集めるためには、営業活動も大切。女性はフェイスブックなどを使い、自ら情報を発信して出資してくれる人を募りました。

 クラウドファンディングサービスのサイトでは、プロジェクトの作成や公開などは無料の場合が多く、期間内に目標金額が集まらない場合はお金がかかりません。目標金額を達成した場合のみ、サービス提供会社によりますが、集まった額の20%前後の手数料を支払います。この女性は、100人程度の出資者を集め、約60万円の調達に成功、絵本の制作に着手することができました。

現在の登録会員数

         

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市