アントレセミナー交流会

月額料金1か月分無料キャンペーン
団体割引キャンペーン

産経新聞・片桐実央の起業相談

【片桐実央の起業相談】コロナ禍での新たな門出

今回は最近受けた起業相談の話をします。67歳の男性は9月中旬に焼き鳥店をオープンします。


 起業する人の数は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、4、5月ごろは激減しましたが、6、7月と徐々に回復してきました。コロナで起業を見送り、計画を白紙にした人もいれば、多少の足かせがあっても、覚悟の上で起業する人もいます。コロナによる影響は数年、数十年にわたるかもしれず、終わりが見えません。だったら待っている時間がもったいないから踏み切ろうという判断です。


 この男性は、メーカー勤務後、長年の夢だった飲食店の開業を目指した方です。男性の息子さんは飲食店の開業支援会社に勤めており、今回のお父さんの門出に最大限協力しています。息子さんは物件探しを知り合いの不動産仲介会社に依頼し、内装業者への交渉などもしました。


 一方、男性は息子さんの在学中に中学校のPTA会長をして地域社会に貢献してきました。20年以上、PTAとして活動していますので、地域に人脈もあります。開業したら、地域のお祭りやイベントへは積極的に出店して、焼き鳥を通じて地域社会に貢献していきたいと話しています。


 店はテークアウト専門で、広さは厨房(ちゅうぼう)と販売スペースだけの10坪弱です。下町のスーパーの目の前にあり、主婦に今晩のおかずとして焼き鳥も一緒に買って帰ってもらえるように考えています。焼き鳥の串だけを最初は販売予定でしたが、地域のサラリーマンもターゲットにするために、ランチタイムに向けて焼き鳥丼や焼き鳥弁当も販売します。


 息子さんは男性の夢を実現させるべく最高の親孝行ですね。これも一つの起業のあり方です。ご参考にしてください。

現在の登録会員数

         

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市