アントレセミナー交流会

ご紹介キャンペーン
オフィス移転支援キャンペーン

産経新聞・片桐実央の起業相談

【片桐実央のゆる起業のススメ】起業したら役所に申請

 中小企業のIT活用を支援するコンサルタントとして、4月に起業する予定の男性(55)がいます。起業にあたり、社会保険や税金の申告など、起業した後、どの役所にどのような手続きが必要なのか分からず、困っていました。今日は、起業のときに関係する役所を紹介します。

 書類を提出する際、書き方が分からない場合は、役所の相談窓口に直接出向いたり電話をしたりして相談できます。それでも自信がない、あるいは申請書を書く時間がない場合は、専門家に依頼しましょう。役所ごとに、依頼できる専門家が異なります。

 ■税務関係 創業後、税金の支払いなどに関する届け出が必要になります。届け出の内容は、創業形態が個人か法人かによって異なります。提出先は、税務署、都道府県の税事務所などです。この分野の専門家は税理士です。

 ■社会保険 一言で社会保険といっても、労災保険は労働基準監督署、雇用保険は公共職業安定所(ハローワーク)、健康保険や厚生年金保険は年金事務所に届け出をします。必要な書類は、創業形態や従業員の人数によっても変わりますので、詳しくは各相談窓口にお問い合わせください。この分野の専門家は社会保険労務士です。

 ■許認可 起業する事業内容によっては、法令により許認可が必要なものがあります。許認可には大きく分けて許可、届出、登録、免許の4つがありますが、例えば、飲食店は保健所の許可、中古品販売には都道府県公安委員会の許可が必要です。この分野の専門家は行政書士です。

 ■商標登録 新しく商品やサービスの名前を考えたら、商標登録をお勧めします。法人を設立する前に個人での登録も可能です。会社名を商標登録している方も多くいます。「○○株式会社」という社名の「○○」の部分を登録しています。商標登録をしたい場合、特許庁に書類を提出しますが、この分野の専門家は弁理士です。

 男性は、自分で社会保険などの申請を行いましたが、税務申告だけは、税理士に依頼することにしました。自分に合う税理士を探すため、異業種交流会に参加し、そこで出会った方の中から費用や対応内容を比較して決めました。

現在の登録会員数

         

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市