アントレセミナー交流会

団体割引キャンペーン
月額料金1か月分無料キャンペーン

産経新聞・片桐実央の起業相談

【片桐実央のゆる起業のススメ】ハンドメード品の販売

 趣味で作っていた籐(とう)のかばんを販売したい女性(57)がいます。子育てが一段落し、時間的な余裕ができたことから起業を考えました。今日は、ハンドメード品を販売する個人事業主として起業する方法についてお話しします。

 ■売り方 インターネットで販売する場合は、通販サイトを自分で制作するか、ハンドメードの品を集めて販売しているサイトに出品するか、いずれかになります。前者は簡単に通販サイトが制作できる「カラーミーショップ」や「Jimdo(ジンドゥー)」などを利用すると、低価格で実現できます。後者には「minne(ミンネ)」「Creema(クリーマ)」などがあります。

 対面販売がしたい場合は、地域のフリーマーケットに出店したり、客層が合いそうな店舗に交渉し、商品を置いてもらったりする方法もあります。起業前に自分の商品の市場価値を確かめましょう。

 ■売値 悩んでいる方が多いのが値付けです。まずは原価を計算しましょう。材料代や制作時間×人件費です。それ以外に、通販サイトの利用料や、お店で売ってもらう場合には手数料なども加味します。また、商品そのもののほか、パッケージや包装紙、配送会社も検討しましょう。送料などに影響します。
 ■起業 ハンドメード品の販売は本当に好きでないと続けるのが難しい事業です。今一度、始める前に自問自答しましょう。個人事業主で開業する場合は、税務署に開業届を提出すればよいです。手数料もかかりません。

 ■ブランド化 商品に付加価値を付けるブランディングを忘れずに。商品が生まれたストーリーを発信したり、商標登録をしたりもお勧めです。また、開業後は制作にかかる時間を測定し、お客さまに発注から納品までの時間を伝えましょう。さらに、売り上げが安定してきたら、次の展開も考えましょう。例えば、ハンドメード教室を開いたり、他者の商品を仕入れて販売したりすることです。

 女性は、今まで制作したかばんの写真を撮り、通販サイトに掲載しています。サイトには自分のこだわりをPRしました。名刺やチラシを作り、これから知人に紹介していく予定です。

現在の登録会員数

         

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市