アントレセミナー交流会

月額料金1か月分無料キャンペーン
【50歳以上の方限定】創業応援キャンペーン

産経新聞・片桐実央の起業相談

【片桐実央のゆる起業のススメ】事業を興すための資質

 会社員や学生が受験や資格試験の勉強に利用できる自習室を開設したい男性(46)がいますが、自分に事業を興す力があるのかどうか悩んでいました。今回は、私が相談を受けた経験を基に、起業するのに向いている人と、そうでない人の特徴をお伝えします。

 まずは起業に向いている人の資質です。私は相談を受ける前に、以下の5つの項目をよく考えてもらうようにしています。一つでも当てはまるものがあれば、事業の立ち上げに挑戦してもらいたいと思います。

 責任感-50~60代では1人で起業するケースが多いです。仕事を請け負ったときに、最後まで仕事をやり遂げるということが最も必要な条件です。

 自律-起業すると人から指示されることはありません。自分で決断して進めなければなりません。

 夢がある-サービスや商品を社会に広めたい、世の中に知ってもらいたいという願望を強く持つことは意欲を高めます。

 自分の力を試したい-成功も失敗も自分次第。自分の行ったことが、直接結果につながるので、やりがいを感じられます。

 仕事を楽しむ-起業すると公私の境界は曖昧。仕事を私生活から切り分けることは難しいです。

 起業に向いていない人もいます。「決断するのが苦手」という人は残念ながら、事業を成功させることは難しいでしょう。人に決めてもらったり、指示を受けたりするのでは、起業した意味がなくなりますよね。また、「飽きっぽい」という性格も起業ではマイナスです。事業は始めることより、続けることの方が難しいです。どんどん新しいものに挑戦する気持ちは大切ですが、一度始めた事業を継続する仕組みづくりをしなければなりません。

 「会計や事務が苦手」という悩みもよく聞かれます。しかし、事務は代行会社や税理士に依頼することもできるので、それを理由に起業を断念するのはもったいないと思います。また「起業したいが、財産を失うのが怖い」という相談も多いです。規模を小さくし、身の丈に合った起業を目指すことは可能です。

 男性は他社の自習室の利用者でしたが、さらに良質なサービスのアイデアがあったので、起業を決めました。

現在の登録会員数

         

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市