アントレセミナー交流会

団体割引キャンペーン
ご紹介キャンペーン
page_header_interview

FPコンサルティングオフィス 代表 松永 文夫 様のインタビュー

顧客を開拓するには自分自身を露出すること

松永 文夫

FPコンサルティングオフィス

代表 松永 文夫 様

今回は「FPコンサルティングオフィス」代表の松永 文夫さんにお話を伺いました。松永さんは銀行退職後、それまでの経験を活かしFP事務所を開設し、個人・法人向けに業務を行っています。

Q0:御社の事業内容を教えてください。


A0::ファイナンシャル・プランナーとして個人の皆さまから資産運用や保険の見直し、住宅ローン、相続などライフプランニングに関するさまざまなご相談をお受けしています。そしてまた、企業年金制度(確定拠出年金)の設計や従業員向けのライフプランに関するセミナー・個別相談会の開催など、企業向けのサービスも提供しています。


 


Q1:なぜ起業しようと思いましたか?


A1:私なりに使命感にも似た想いがあったからです。私は金融機関に勤務していたのですが、一般の人たちがお金に関することについて本当に相談できる専門家が絶対的に少ないと強く感じていました。「本当に相談できる」とは、「真に味方になって考えてくれる」という意味です。具体的に言いますと、「公正中立な立場で、個々の生き方や将来設計を踏まえて、包括的に、時間をかけて相談できる」ということです。それが正にFPの役割そのものだったのです。ならば私がやろうと決意したわけです。


 


Q2:起業前(起業前の数ヵ月間)、起業後で苦労したことは何ですか。


A2:見込み顧客ゼロからのスタートだったことです。いかに顧客を開拓するかが大きな課題でした。


 


Q3:Q2で経験した苦労はどのように解消しましたか?


A3:私の場合、特に資産運用に関しては他者に負けないという自信がありましたので、その強みをアピールすることから始めました。そしてHPやブログの開設、各種交流会への参加等、とにかく自分自身を露出することに努めました。


 


Q4:起業して良かったと思うことは何ですか。


A4:私は、社会の役に立つ仕事をすることが最も大切なことだと思っています。その点で、ストレスなく仕事が出来ていることが非常に良かったと思います。常に顧客のことだけを考えて仕事が出来るということです。


 


Q5:これから起業しようと考えている方に対してアドバイスをするとしたらどのようなことですか?


A5:なぜ起業しようと考えているのか、その気持ちをずっと大切にしてほしいと思います。


現在の登録会員数

         

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市