アントレセミナー交流会

【50歳以上の方限定】創業応援キャンペーン
個室初月無料キャンペーン
page_header_interview

つきしま工房・合資会社谷貝鐵工所 代表取締役 谷貝 忠 様のインタビュー

省エネ・防災パネルの新技術 世界数百の企業から関心の声

谷貝 忠

つきしま工房・合資会社谷貝鐵工所

代表取締役 谷貝 忠 様

世界的に次世代エネルギーへの関心が高まり、その市場の可能性に胸が高鳴っています

 今年創業95年目となる老舗企業の3代目社長が、新規事業をひっさげて世界に広がるマーケットに踏み入れようとしている。それが谷貝鐵工所(千葉県白井市)の谷貝忠社長だ。
 現在同社では蓄光剤を使用した光る表札パネル「蓄光・集光パネル」を独自に開発し、国内外の品評会で数多くの企業から注目を浴びている。
 創業当初はナットやボトルなどの製造を行う、まさしく鐵工所だった。忠社長も家業を継ぐべく、大学卒業後の1972年に入社し、尽力していた。入社当時はNC工作機械(数値によってコントロールされる工作機械・制御装置)を地域に先駆けて逸早く取り入れ、業績を拡大。しかし長きにわたる経営の中で、景気停滞や2度に渡るオイルショックの煽りを受け、徐々に経営は冷え込んでいってしまったという。
 平成に入ると忠社長は現職に就き、経営を担うようになっていた。そんな中、転機となったのは2004年。ふと目にした新聞の記事だった。内容は大阪の蓄光剤メーカーが大手商社と資本提携を行ったというもの。目に留まった理由は、その会社が新しい蓄光剤製造方法の開発を行っていたからである。当時同社は、既存事業に変わる新たな事業として彫刻表札、似顔絵プレートの製造を独自に行っており、蓄光剤と組み合わせることにより、新しい商品を生み出せると考えたのである。
 相手企業から蓄光剤を提供してもらい独自に開発をした結果、十分な発光性と10年以上の耐用性を持つ、独自の新技術が生まれたのである。
「国内をはじめ、インドやアブダビなどの技術評議会で発表したところ、数百の企業に関心を持っていただきました。当社にとって未知の事業ですが、世界的に次世代エネルギーへの関心が高まり、その市場の可能性に胸が高鳴っています」
 現在この新技術に対し特許を出願中。64歳、忠社長の新規事業が大きな実を結ぶのは、まだこれからだ。

会社概要

〒104-0061

東京都中央区銀座七丁目13番5号NREG銀座ビル1階

HP:http://www.tukisima-kobo.co.jp/

現在の登録会員数

         

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市