アントレセミナー交流会

個室初月無料キャンペーン
月額料金1か月分無料キャンペーン
page_header_interview

アイビジョン株式会社 代表取締役 三角 勝洋 様のインタビュー

半導体S/Nの読み取り装置販売 国内唯一企業として躍進

三角 勝洋

アイビジョン株式会社

代表取締役 三角 勝洋 様

それまで会社で培ってきた半導体関係の人脈を活かして起業

アイビジョン(山梨県南アルプス市)は半導体製作に関わる装置の製造および販売代理業務を行っている。特に半導体のシリアルナンバーの読み取り装置は日本では同社のみが販売しているもので、国内の大手半導体メーカーの全社がこれを導入しており、近年では韓国をはじめとした東アジア圏のメーカーからの注文も増えているという。
「私が子供のころというのが、家庭に洗濯機やテレビという電化製品が出回りはじめたころで、そうした電子機器に夢中になりました。よくそうした機械を分解しては親に怒られていましたね」
 こう語るのは同社の三角勝洋社長だ。そんな機械好き少年はこの後も順調にその道を歩み、大学の工学部を卒業後は機器メーカーに就職した。三角社長はその会社の中で1980年代という半導体の黎明期から半導体製造の技術に関わり続けることになる。
 半導体の流通の上で必要なのがシリアルナンバーの読み取りなのだが、半導体は非常に小さく、人の目で読みとるのは困難である。その役割を担うのが同社のシリアルナンバー読み取り装置なのである。
 読み取り装置の技術はもともとアメリカのベンチャー企業が独占しており、各国の半導体メーカーはそれを輸入して使用するしか手段がなかった。三角社長は、その体制に問題意識をもっていた。世界的な一社独占体制だったため、アフターフォローや各国の事情に合わせた配慮がなおざりになっていたことに三角社長はかねてから問題意識を持っていた。
 そうして2007年、勤務していた会社を退職した三角社長は、それまで会社で培ってきた半導体関係の人脈を活かして同社を起業した。そしてアメリカの企業のシリアルナンバー読み取り装置の製造技術及び販売のライセンスを取得し、日本での製造を可能にした。現在は国内の各半導体メーカーから、従来よりもフォロー体制が充実したことから好評を得ているという。

会社概要

アイビジョン株式会社

所在地 東京都中央区銀座7-13-6サガミビル2階

現在の登録会員数

         

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市