アントレセミナー交流会

【50歳以上の方限定】創業応援キャンペーン
団体割引キャンペーン
page_header_interview

テイクファイブ 代表 市川 豊 様のインタビュー

40年来の夢を実現音楽プロデュース事業に参入

市川 豊

テイクファイブ

代表 市川 豊 様

高校生の頃の夢は音楽プロデューサーでした。

「高校生の頃の夢は音楽プロデューサーでした。しかし実際は実家の鮮魚店を10年間、ビル管理会社は20年間経営しました。その後にようやく夢だった音楽プロデュース業を始めました」
 こう語るのはテイクファイブ(東京都町田市)の市川豊社長だ。同社は創業以来20年間ビル管理事業を展開してきたが、今年4月から音楽プロデュース業が主軸の会社として生まれ変わった。
 音楽プロデュース業を目指したのは、市川社長が高校2年生のときである。当時ニューミュージックブームが到来し、市川社長はグループを組んで音楽にのめりこんだ。そうした音楽活動を続けるなかで市川社長は音楽そのものだけでなくミニコンサートなどの企画も行うようになった。そうして市川社長の関心は音楽プロデュースの方へ向いていった。
 しかし、大学卒業後は家業を継いで、10年間オーナーを務めたが、体調を崩したことをきっかけに店を閉じた。その後1994年にテイクファイブを創業するが、当時の事業は音楽プロデュースではなく、ビル管理業だった。
「音楽プロデュースの経験もノウハウもなかったので、それを主たる事業とすることができませんでした」と、市川社長は当時を振り返る。
 音楽プロデュースを始めるきっかけとなったのは2005年の夏だ。町田市の駅前商店街が毎年行う夏祭りを大規模にするというので、市川社長の知り合いだった地元選出の衆議院議員からイベントプロデューサーとして依頼がきたのだ。
市川社長はビル管理業での人脈を活かし、会場の電気施工とイベントプロデュースを一元化し、コストを削減することに成功。同イベントは1000名以上の来場を達成した。これが自信となり、今年4月から新規のビル管理事業の開拓は市川社長が代表を務める別会社に移行し、テイクファイブでは音楽プロデュース業に軸足を移すことにしたという。「40年越しの夢がようやく実ってきたと感じています」

会社概要

テイクファイブ

東京都町田市

現在の登録会員数

         

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市