銀座起業内覧相談会
キャッシュレスポイント還元制度

産経新聞・片桐実央の起業相談コラム

2014年10月28日

【ゆる起業のススメ】(37)2分で事業をPRしよう

 起業すると人前で事業の話をする機会が多くなります。自社の商品やサービスの紹介のため、大勢の前でプレゼンテーションをしたり、名刺交換の際に簡単に会社の説明をしたりさまざまな場面があります。

 例えば、弊社が主催する起業家の交流会では、2分間のPR時間を設けています。しかし、人前で話すことを苦手と感じる方や、話が長く決められた時間内に伝えきれない方も…。その後の交流時間には、PR上手な方の周りに人が集まりがちです。チャンスをつかむためにも、今日はPRがうまくなるコツをお伝えします。

 (1)2分間PR用の台本を作る 内容と構成を決め、PRを聞く側が聞き取りやすい台本を作ります。台本は暗記して何度も練習しましょう。2分用があれば、1分や30秒用に応用することもできます。

 (2)構成は結論を先に 「私は◯◯のサービスをしています。具体的には、大きく分けて3つの柱があり、1つ目は◯◯、2つ目は◯◯、3つ目は◯◯です」という流れが分かりやすいです。

 (3)具体的な数値を入れる 「弊社は◯人の方にご利用いただいている」「今まで◯回実施した」など実績を数値で伝えると関心が高まります。

 (4)創業理由を伝える サービスを始めたきっかけを伝えると事業内容を理解されやすくなります。創業者らしく気持ちを込めて発信しましょう。

 (5)メリットを伝える 商品やサービスを購入した場合のメリットを伝えましょう。例えば、「シニア起業セミナーを開催」がサービス内容の場合は、「退職後、自分のペースで仕事をしたい方にお勧めです」という説明になります。

 (6)求める提携先を伝える 会社がどのような提携先を求めているかを明確にすると、PR後の交流が有意義になります。「ホームページを作成したいので、高品質で安く作成してくださる方を紹介してほしい」「病院向けのサービスを提供しているので、病院の院長を紹介していただきたい」など、どのような人と知り合いたいかが明確になり、効果が出やすいです。

 (7)コンセプトを明確に 一般的な内容では印象に残りづらいため、他社と比較した場合の強みや特徴も一緒に説明しましょう。「私は経営コンサルタントです」ではなく「私は財務に強い経営コンサルです」「私は経営者と一緒になって事業を成長させる経営コンサルです」-などと伝えます。

 (8)堂々と時間厳守で ビジネスマナーはもちろんですが、姿勢が悪く挙動不審だと、信用も下がります。また経営者は特に、小さな約束も厳守する姿勢が大切です。「2分間」と指定されたら、時間内に終わりましょう。

 最後に、PRの上達は訓練と慣れ次第です。苦手意識があっても数をこなすうちに徐々にうまくなりますので、ぜひ積極的に人前で話す機会を設けましょう。

お支払対応可能カード

お支払対応可能カード VISA/MasterCard/JCB/AMEX/DINERSPayPay(ペイペイ)使えます。

現在の登録会員数

1 4 0 0 0

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

《無料》千葉 クラウドファンディング活用セミナー開催!
東京都クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所
輝創塾

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市