アントレセミナー交流会

オフィス移転支援キャンペーン
個室初月無料キャンペーン
page_header_column_nikkeimj_20210709

日経MJ・ゆる起業のススメ

2022年07月04日

【ゆる起業のススメ】自立したい女性のメンターに

 今回は、「女性の自立を応援していきたい」「自立したいと願う女性のメンターになりたい」と語る起業家の藤川絵里さん(39)をご紹介します。2児の母でもある藤川さんは2017年にBJP(東京・渋谷)を設立。最先端美容商材や国内で受賞歴のある業務用美容機器、海外メーカーの機器を厳選し取り扱う美容機器ディーラーです。


 保育士として働いたのち、美容機器の会社に勤めながら並行してエステサロンを営み、美容業界に携わり15年になるそうです。エステサロン経営のきっかけは化粧品会社から「やってみないか」とお話をいただいたことと、美容学校に通ったことです。


 その後、大きなケガをして技術職が難しくなってしまったため、それまでの経験を生かせる美容機器の会社に就職。講師業やマーケティング・営業など様々な経験を積んだのち、BJPの設立に至ります。当時の経験は起業後とても役に立ったと言います。


 起業は不安を抱く方も多いと思いますが、藤川さんの場合は「やるしかない」という思いで動いていたので不安はなかったそうです。また、前職でお会いしていた顧客はご自身でサロンを営んでいる経営者の方が多く、経営者の目線で話される内容やその働き方が勉強になったほか、その方々との関係も維持しつつ起業することができ、人脈がある状態でのスタートを切ることができたのだそうです。


 お客様が同じようにサロンをオープンされて、「利益がでて子供との時間をとることができた」というお話を聞くとやっててよかったとやりがいに感じているそうです。


 女性の場合、出産や結婚などによって生活スタイルが決まっていく方が多いと思います。仕事ができなくなる状況もあるかもしれません。藤川さんは人生のステージが大きく変わるなかで、手に職をつけること、自立するための能力をつけることで選択肢が広がり強くなれると思いを持ち、起業に至ったそうです。


 相談相手のご両親も事業を営んでいたため、起業へ後押しをしてもらったことで一歩踏み出すことができたと感じていたといいます。藤川さんは、先に行く人の一人として同じ想いの方の力になれたらとも考えたそうです。


 事業が軌道に乗ったと感じた時を聞かれたら、安定した売り上げを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。藤川さんはライフスタイルとのバランスを考えた上で、自分のできる範囲が分かった時に感じたそうです。「事業の範囲はこれぐらいが調度良いと定まった」といいます。


 今後の展開についてお聞きすると、今の仕事を自分のペースで続けつつ、働きたくてもなかなか働けないという女性の開業支援や、お子様がいる方の雇用等を思い描いているとのことでした。


 起業を考えている方へのメッセージをお聞きしたところ、「今は起業しやすくなっているので、メンターを見つけ、できないことは誰かを頼りつつも勇気をもって一歩踏み出してほしい」とお話しいただきました。起業の成功の秘訣は生活とのバランスや目標設定、どこに重きを置くかを明確に決めることが大切なのだと改めて感じました。


(銀座セカンドライフ社長 片桐実央)

現在の登録会員数

         

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市