【新著】55歳から小ビジネスで稼ぐ! 教科書

夕刊フジ・定年起業への挑戦コラム

2017年02月13日

【定年起業への挑戦】橘重行さん 日本の環境「窓」から変える

 橘重行(たちばな・しげゆき)さん(68)は大手建材メーカーに入社後、シンガポールに赴任。現地会社の設立に関わり、社長に就任しました。1992年に帰国しましたが、自由に采配できたシンガポール時代とは違って、日本では不自由さを感じることが多く、もんもんと過ごしていたそうです。

 「自分はもともと商売人の家の生まれです。定年までこんな風に過ごすなら自分で商売したい、と思ったのです」(橘さん)

 橘さんは、44歳の時に退社してシンガポールに戻り、不動産投資、高性能窓製造、オフィスインテリアの設計施工などの事業を始めました。

 その後、現地の建材メーカー時代の知り合いから相談を受け、2009年から「テクノフォルム バウテック ジャパン」の代表取締役となり、高断熱窓の開発と普及に努めています。

 「日本では窓の結露に悩む家庭が多いですよね。しかし、欧州ではほとんど結露はありません。なぜなら、日本基準より高性能の高断熱ガラス・サッシが使われているからです」

 橘さんは日本の窓の性能を国際基準並みに引き上げることにより、結露にとどまらず、ヒートショックやエネルギー問題など、さまざまな課題の解決に貢献できると言います。そのためには基準作りが不可欠で、行政への働きかけや啓発が必要と橘さんは考えました。そこで2015年に、一般社団法人「パッシブウィンドウジャパン」(https://www.facebook.com/pwj14/)を立ち上げ、代表理事に就任しました。

 「自分のやりたいことをやらないでどうする、ってことですよね」と語る橘さんらの活動により、行政サイドにも動きが見られるとのことです。 (取材・構成 藤木俊明)

お支払対応可能カード

お支払対応可能カード VISA/MasterCard/JCB/AMEX/DINERSPayPay(ペイペイ)使えます。

現在の登録会員数

1 5 8 0 0

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所
輝創塾
《無料》千葉 クラウドファンディング活用セミナー開催!

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市