キャッシュレスポイント還元制度

夕刊フジ・定年起業への挑戦コラム

2017年01月23日

【定年起業への挑戦!】起業の出費を抑える、地域中小企業助成金を活用しよう

 シニア世代の起業は、金銭的なリスクを最小限に抑えることをオススメします。しかし、事業を始めるには何かと出費がかさむもの。そこで、公的な助成金(基本的に返済不要)を活用し、起業にかかる出費を抑えたいものです。

 地域密着型の起業を検討している方に知ってほしい助成金があります。それは「地域中小企業応援ファンド」(http://www.smrj.go.jp/keiei/chikipg/fund/index.html)です。地域の課題解決につながる事業や、その地域の資源を活用して地域振興に役立つような事業を立ち上げる中小企業を応援するもので、経済産業省所管の中小機構が運営する公的な助成金制度です。

 申し込めるのは、創業または経営の革新を行おうとする中小企業・ベンチャー企業やNPO法人などで、創業する自治体ごとに管理者が設定されています。問い合わせ先は前述のホームページの「地域中小企業応援ファンド運営管理者一覧」に記載されており、ほとんどの自治体で受け付けていますが、現時点で群馬県、埼玉県、神奈川県にはファンドは造成されていません。

 東京都の例をとると、テーマは『地域の多様な資源・ポテンシャルを活かした、地域密着型イノベーションの創出』です。東京都の抱える課題に向けた「都市課題解決型ビジネス」と、東京の地域特性を生かした「地域資源活用型ビジネス」の支援を重点的に行い、助成対象者には最高800万円を助成するとしています(助成率2分の1)。

 起業したい自治体の募集要項をよく読んだうえで、窓口に相談し、助成金を視野に入れた創業計画を立てるといいでしょう。(取材・構成:藤木俊明)

お支払対応可能カード

お支払対応可能カード VISA/MasterCard/JCB/AMEX/DINERSPayPay(ペイペイ)使えます。

現在の登録会員数

1 4 0 0 0

セミナー・交流会カレンダー

アントレ会員特典

アントレ会員入会はこちら

無料メールマガジンの登録

起業家交流会・セミナー開催情報のほか、起業や経営に役立つ情報が満載の無料メールマガジンです。ぜひご登録下さい。詳細はこちら

銀座セカンドライフ運営

《無料》千葉 クラウドファンディング活用セミナー開催!
東京都クラウドファンディングを活用した資金調達支援
平成28年版厚生労働白書
中小企業白書2014
アントレサロン レンタルオフィス月3,800円〜
銀座セカンドライフ株式会社
銀座総合行政書士事務所
輝創塾

中小企業支援機関

経済産業省
中小企業基盤整備機構
東京都中小企業振興公社
神奈川産業振興センター
中央区
新宿区
横浜市